日記

【車】雪道を気をつけて走る【安全運転】

※アフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク

いつもご覧いただきありがとうございます😃

初雪が本格的すぎて凄い量の積雪量になったのは勤め先の栗原市です。

昨年から今春にかけては全く積もらなかったので大変です。

それが3日間続きそうだと天気予報では語ってる💦

通勤からウンザリだなぁとおもいますよね

 

冬の通勤(車)で気をつけていること

私が通勤の際に気をるけている点です。

  1. 30分以上早く家を出る
  2. 車間距離を多くとる
  3. ブレーキは早めに
  4. 暖かくしすぎない

当たり前のことなんですが、

当たり前が大切ですよね。

しかし、

20代前半のときに雪道で事故に遭いました。

会社に急いでいたため、いそぐあまり車間距離をとりませんでした。

その結果ブレーキの判断が遅れ追突しました。

 

それでは説明します。

1. 30分以上早く家を出る

地域によっては30分では遅いかもしれません。

わたしの場合は30分なら比較的大丈夫です。

国道など大きな幹線道路を利用する方は早めに出ないと渋滞で動けません💦

通勤や面会などで遅刻する場合の言い訳として

雪の渋滞というのも十分に使えると思います。

しかし、

社会人としては雪とか関係なく遅刻しない方がビジネスチャンスになると思っています。

どんな場合でも遅刻をしない。

冬は毎年くるし、雪だって毎年降ります。

そんな対応策を普段から考えておきましょう。

 

2. 車間距離を多くとる

普段から車3台分というのはよく聞く話です。

さらに冬季は路面凍結があります。

スピードにもよりますが普段よりおおく取る必要があります。

それが渋滞の原因にもなりえますが、

事故で通行止めよりは良いですね。

 

3. ブレーキは早めに

止まる場所、

一時停止の交差点で私が教えられたのは

積雪などで停止線付近はツルツルに凍っているので

その手前で十分に速度を下ろし、

何回かに分けてブレーキを踏みます。

そうすることで車の向きをコントロールしながら

止めることができます。

 

4. 暖かくしすぎない

これは私がいつも感じていることです。

車内を暖かくしすぎていると

眠くなる💤

なんだかんだ

これが1番ダメと思うので、

自分の運転環境に気をつけましょう。

 

まとめ

ほかにも雪道や凍結した路面を走る注意点は沢山あります。

私としては

基本的に今日書いた

  1. 30分以上早く家を出る
  2. 車間距離を多くとる
  3. ブレーキは早めに
  4. 暖かくしすぎない

これを実践しつつ

その時々の状況に合わせて他の注意点を追加するのかが良い対策を考えます。

まだまだ私の地域は4月上旬までは雪が降ると思っていますので、

毎日の運転、

気をつけて無事故を継続しましょう😃

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-日記