日記

可能性を信じて託す

※アフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク

いつもご覧いただきありがとうございます。

今年に入って部署内のメンバーに入れ替わりがあり、

新メンバーの空回りしたやる気に引いてしまう感じです。

そんな空回りするスタッフにどう対応するか?

自分なりに考えてみました。

 

なぜ空回りするのか?

なぜ空回りするのか。

まず原因として考えられるのが、

既存のスタッフにナメられたくないっていうプライド。

他には年長者として豊富な知識を持っているよ的なカッコよさ。

テキパキ動けますよ的なフットワークの軽さをアピールしたかったのではないかと分析。

 

どんな役か

今回私の部署に配属になったのは実質的には私に次ぐ役で、

部署ではナンバー2となります。

前の部署でも同じ立ち位置にいたスタッフなので、

業務全般から運営まで出来るとは思います。

 

前評判は

前評判が悪すぎたので警戒しました。

評判が悪いというのはいわゆる仕事が出来ない系の評判です。

とにかく逃げ足が早く、

何かあれば上司に言って退散したいみたいですね。

良く言えば報連相はシッカリしたタイプなので大きな問題に発展することはないのかな?

そう思います。

 

意識を変えてきている

そんな彼ですが、

配属されてからは毎日やることを探しては取り組んでいます。

まぁ、評判よりは全然良いじゃないか😃

と思っていました。

私の方針的にも、

最初の1か月はお客さんの様な感覚で、

様子を見るなので、

性格やクセをみていました。

 

できるフリは辛そう

ですが、私が助けるのが遅すぎた💦

さすがにナンバー2として配属になったからには彼にも彼なりのプライドがあるのでしょう。

分からないことを分からないと言えず、

やれますって取り掛かってしまう。

結果を聞けば「出来ました」と言います。

こちらも出来ないと思わないので任せてしまい、

後日チェックすると金庫や通帳が合わないなどの問題が発生して時間が多く掛かるようになりました。

しかもこのミスは昨年入社した19歳の新人でも間違わないミス。

それをナンバー2にされてのは正直ショックで💦

ま、空回りを見抜けなかった私の責任と1日経った今では割り切っています。

 

入社して初めて本気で怒ってしまう

初めて本気で怒ってしまいました。

  1. なぜチェックをしなかったのか?
  2. そもそも初めての作業だったのか?
  3. 分からないなら分からないと言ってくれ。

を落ち着いて話したつもりですが感情が出ていたのではないかと今は思います。

 

私は本気で怒って指導したことはありません。

それは誰に対しても【期待】はしないようにしているから。

期待しないというのは悪い言い方に聞こえると思いますが、

人生の難易度を下げるのには最適だと思っています。

ただし、【可能性はある】と思っています。

期待すると、その通りにならない時にイライラするから💦

可能性(やってくれる可能性)はあると思っていると

どうせ出来ないだろうと思うようにしてフォロー出来る体制を作れますし、

やってくれた時に心から「ありがとう!」って言えます。

そんな私も全力で3秒怒ってしまいました。

きっとナンバー2だから出来るだろうと期待してしまっていたのでしょうね😥

反省です。

その時は心が乱れました。

さすがに、金庫、通帳関係のミスはいけません。

それに気づかなかったことが許せませんでした。

結果的には私の監督不行き届き、指導不足ですので、

私の責任にはなります。

 

今後の対策

以上のことから

これから実施することとして

  1. ナンバー2だからといって期待しない
  2. 今まで以上に全業務に意識を向ける
  3. 進行状況に合わせてリスク管理を徹底する
  4. 可能性だけは信じて任せる

これを2週間位実施して調整しようと思います。

 

最後に

今回は感情のままに書いた記事になっています。

ま、誰も読まないと思うので記録的な感じです。

もし読んでくれて応援していただけるなら嬉しいです。

 

では最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-日記